KOBAスポーツエンターテイメント株式会社

BLOG

2019.07.31ブログ

鍼灸の効果

こんにちは!

遂に梅雨も明け30℃を超える日が続きますね( ;∀;)

今回のブログのテーマは「鍼灸の効果」

についてです☆

 

鍼は即効性、灸は持続性と言われます。

☆鍼を刺すことで筋肉は傷つき、その傷ついた箇所を自分自身で治そうと体は働きます。

人は薬に頼らなくても“自然治癒力”を持っています。

でも、疲れが溜まっていたり睡眠がしっかりとれていないと本来の力を発揮できないのです。

その力を取り戻すために鍼灸治療は最適です。

鍼灸で刺激すると、中枢神経内にモルヒネのような役割を持つホルモンが放出されます。この物質(内因性オピオイド)が、痛みを抑え、痛みを脳に伝える神経経路をブロック。脳と脊髄からのダブルのアプローチで、痛みを緩和します。痛みの緩和効果が高いのは、このメカニズムが働くからです。

☆灸は持続性いいましたが、捻挫や腱鞘炎などのケガにも効果を発揮します。

もちろん冷え性などの症状にも使われますが、使い方によってはアイシングにもなるんです!

 

中々良くならない腱鞘炎などでお悩みの方はいらっしゃいませんか??

もしかしたらお力になれるかもしれないです( `ー´)ノ!

一度ご相談ください!!

03ー5875ー0866

大島までお待ちしてます。

KOBAスポーツエンターテイメント株式会社